<< タイヤ 通販 | main | タイヤ交換 時期 >>



AUTOBACS.COM

タイヤ 保管方法 空気圧

0
    JUGEMテーマ:タイヤ


    11月もあと少しで終わってしまいますね・・
    気温も大分下がり、雪国では、雪の到来が心配になる季節。
    いよいよ冬タイヤの出番になりますね。

    タイヤを交換すると、夏タイヤは、しばらくお休みとなります。
    来春の3月頃まで、保管しなくてはならないのですが、
    その保管はどうしていますか?
    また春には必要となるタイヤなので、できれば、良い状態で保管したいものですね。
     
    保管のポイントは、大きく分けると
      「ゴムの劣化を防ぐこと」と
      「タイヤの形が崩れないようにすること」  の2つです。

    気をつけることは、

     ・ 直射日光や雨、湿度の高いところを避け、カバーをかけて保管する。
     ・ 平らなところに保管する。
        - ホイール付きは平置き、タイヤだけは、縦置きが良い。
        - タイヤと床面の間には、ダンボールや板などを敷いておくと尚良い。
     ・ 空気圧を指定空気圧の半分程度に下げる。
        - タイヤの空気圧を下げることで、タイヤの緊張状態による負荷を緩和できる。
          但し、全部空気を抜いてしまうと、型崩れとなる場合があるので、
          指定圧の半分程度が良い。
     ・ 型崩れを避けるため、ホイールに組んだままで保管する。

    交換した際に、ちょっと気を遣い、ひと手間かけることで、
    タイヤの傷みは、軽減できますので、是非、実施してみてください。


    categories
    ブックマーク


    selected entries
    links
    ウィジット








    ブログランキング
    ブログランキング くる天 人気ブログランキング
    SEO


    無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!

    • SEOブログパーツ

    seo great banner

     
    F)RSSボタン

    My Yahoo!に追加
    Googleに追加

    search this site.
    過去ログ
    mobile
    qrcode
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM



    SEO対策テンプレート